ダイエット効果

若い女性を中心にダイエット目的でグリーンスムージーを始めています。
グリーンスムージーは栄養価が高く、なおかつ腹持ちも良いため、飲み物というより「食事」として活用できます。
いわゆる「置き換えダイエット」に利用することで、ダイエット効果があります。
よく噛んで飲むことで、ダイエット効果も高まります。

 

食事の前に飲んでも構いませんが、ダイエットとしての効果を高めるためなら食事代わりにグリーンスムージーを取り入れた方が効率的です。
食物繊維が多いため、お通じも良くなりデトックス効果もあります。体に溜まった余計な老廃物が排出されるだけでも、目標体重に近づくことができるでしょう。

 

また、ダイエットならダイエット相応のグリーンスムージーがあります。
使用する素材によってはダイエット効果の向き不向きがあるので注意してください。
ダイエット目的ならデンプン質が高く炭水化物に部類されるような野菜は避けた方が良いでしょう。
たとえば、カボチャやにんじん、えんどう豆などが向いていません。
逆に葉物の野菜は食物繊維が多く、太る材料はほとんどありません。

 

グリーンスムージーは果物を加えることで甘みが増して飲みやすくなりますが、ダイエット目的では注意が必要です。
果物は控えめにするか、甘味料ははちみつや黒蜜を適量使う程度にとどめた方が良いでしょう。

 

また、美容やダイエットにヨーグルトも良いと言われていますよね。
しかし、グリーンスムージーと一緒に摂ってはいけません。
乳製品(牛乳、ヨーグルトなど)との組み合わせでは、タンパク質によってグリーンスムージーの良いところである栄養素の吸収性を阻害してしまいます。
ヨーグルトや牛乳を好む方は、グリーンスムージーを飲んだ後40分置いてから、という風に時間をあけて摂取してください。

 

グリーンスムージーの置き換えダイエットは確実に総摂取カロリーを抑えながら、栄養を補えるので健康に痩せられると注目されています。
ただし、しっかりと効果を出すためには最低でも2〜3ヶ月の継続が必要不可欠です。
2週間程度で効果を実感する人もいますが、効果の出方には個人差があります。

 

夕食に置き換えるとダイエット効果が高いとされていますが、無理なく且つグリーンスムージーの良さを発揮されるためには朝食がベストです。
朝は体内の吸収性が最も高いので、ちょうどいいタイミングと言えます。

 

グリーンスムージーの人気ランキング!