手作りしたい方へ〜初めてでも失敗しないポイント〜

グリーンスムージーを手作りするときにおさえておきたい3ポイントを紹介します。
この3つのポイントを踏まえて作ると、失敗率を下げられます。
大前提として、緑色の野菜でもスムージーに向き不向きがあります。成分によっては不適切な素材も…。
野菜の特徴を知ることで、失敗せずに美味しいグリーンスムージーを作ることができます。
また、素材同士にも相性があります。相性の悪いものを組み合わせると、不味く出来上がったり、栄養素が壊れてしまうなど失敗してしまいます。注意しましょう。

 

【POINT1:果物の皮は向かない方が良い】
果物は栄養が皮に詰まっています。皮をむいてしまうと、せっかくの栄養素も半減してしまうので注意しましょう。
リンゴやモモ、ナシ、キウイなどポピュラーな果物は皮ごと使いましょう。

 

【POINT2:キャベツはNG】
キャベツは緑色の葉物ですが、お腹にガスを溜めこむ性質があるため、グリーンスムージーに向いていません。
他にも、デンプン質が高い野菜はNGです。たとえば、白菜、ブロッコリーの茎部分やカリフラワー、えんどう豆など。

 

【POINT3:乳製品はNG】
ヨーグルトや牛乳などを水代わりに入れないでください。
タンパク質は野菜や果物の栄養素を壊してしまいます。それぞれ体に良いものですが、一緒に摂るのはNGです。
乳製品を摂るときは、グリーンスムージーを飲んでから・飲む前に時間をあけて摂りましょう。

 

最後に、グリーンスムージーの効果を得るためには飲むときは「常温」が鉄則です。
冷たくすると体が冷えてしまうので逆効果です。氷を入れて作らないようにしましょう。また、作った後も冷蔵庫で冷やさずに召し上がってください。
一度に作って、夜の分を保存するときは冷蔵庫に入れてもOKですが、あらかじめ常温に戻してから飲んでください。

 

グリーンスムージーの人気ランキング!
 

チラコルの特徴

スウェーデン発!頑張らないダイエット。
チコライドには食欲を抑える効果があるほか、ビタミンやミネラルがたっぷり。
そんなチコライドを日本で始めて製品化したのが、チコラルです。
11種のビタミンと6種のミネラル、108種もの植物酵素もミックス。
厳しい食事制限やハードな運動は苦手な人におすすめ。
チコライドや食物繊維などのおかげで、体の中から自然にきれい。
1日1杯。
フルーティーで飲みやすいスムージーです。

価格 1,680円
評価 評価5
備考 今なら初回お試し価格で購入可能!
 
 

ミネラル酵素グリーンスムージーの特徴

たくさんの人に選ばれているグリーンスムージーです。
厳選した植物の酵素をたっぷりと配合。
カルシウムやマグネシウムといったミネラルの他、ビタミンも豊富に含有しています。
1日1杯、水や牛乳などに溶かして飲むだけ。
飲みやすい味なので、ダイエット食は続けられるか心配という人にもオススメです。
置き換えダイエットに、野菜不足の改善にどうぞ。

価格 1,420円
評価 評価4
備考 厳選した200種類の食物酵素配合!
 
 

グリーンベリースムージーダイエットの特徴

手早く作れるのが自慢のスムージーです。
ミキサーいらず、簡単に水と混ぜるだけで完成なので、欲しいときにすぐ飲めます。
見た目は青汁のような濃い緑色、だけどあと引く美味しさにビックリ。
ダイエットの辛さの1つである空腹を感じさせない腹持ちのよさ。
もちろんカロリーも低いので、置き換えダイエットにもピッタリです。

価格 2,700円
評価 評価3
備考 スムージーダイエットに挑戦するならおすすめです!
 
 

わたしとよりそうスムージーの特徴

つい食べ過ぎてしまう、溜め込んでしまう人に。
厳選した素材、植物酵素をしっかり詰め込んで作っています。
体の中からスッキリきれいの実現をサポートしてくれます。
食べ過ぎを防ぐのにピッタリな、腹持ちのよさ。
栄養の偏りが気になる野菜不足、運動不足の溜め込んでしまう人にもおすすめのスムージーです。
置き換えダイエットにもどうぞ。

価格 2,980円
評価 評価3
備考 ホワイトチアシ−ドをそのまま入れちゃいました♪