MENU

時間帯別の飲み方

グリーンスムージーは栄養が高く、食事として活用できます。
むしろ、食事と一緒に飲んでしまうと、せっかくの栄養の吸収が悪くなるなどデメリットが浮上します。

 

飲む時間帯に規定はありませんが、各時間帯に応じた飲み方があります。
タイミングを大きく分けると、「朝or昼or夜」の3回です。

 

一般的に、朝に飲まれています。
朝は体内の球種性が最も良い状態なので、朝食として飲むと栄養が吸収されやすく1日のエネルギーも作られます。
健康や美肌、ダイエット目的、どの目的にも応じているタイミングです。
ビタミンやミネラルが多い素材を中心に作ると、しっかりとエネルギー源を補えます。

 

お昼は太りにくい時間帯なので、果物を多めに加えても問題ありません。
果物は甘みが強くビタミンCもたっぷりで、お昼に向いています。また、空腹感を抑えるためにも果物は適しています。

 

夜は逆にカロリーを抑えた方が良いでしょう。
夕飯を摂ってからカロリーを消費することは滅多にありませんので、カロリーは控えめに作りましょう。
レモンやライムなどクエン酸含有の素材を使うと、1日の疲れを回復させる働きがあり、夜に適しています。
ただし、就寝1時間前からは飲まない方が体のためです。
この時間は吸収率が悪くなり、眠る前に消化活動が行われると臓器が疲れてしまうので注意しましょう。

 

また、どの時間帯でも、数種類の緑色の野菜を使うと体に負担がかかります。
ベースに使う野菜はシンプルに1種類にした方が、体への負担を軽減できます。
たとえば、ほうれん草を中心にする、小松菜を中心にするなど。ほうれん草と小松菜の両方を使うより負担がありません。